誤字脱字の掃き溜めこと「駄文集」へようこそ!
   2018/05← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2018/07
プロフィール

獏痴

Author:獏痴
広~く、浅~く
知ったか上等!!

褒める勢いで、盛大に叩く!
二次元重視の痛い
矛盾だらけのクズ野郎でつ。

    _─-、  -‐;z.__.
   >  ` "  ゙  <
   / " " " "   ゙ ゙ ゙ ゙ \
  /" "  ", "   ゙ i ゙、 ゙、 ゝ
  l " "  ", ,ィ  ハ ゙ i ゙、 ゙ヾ
  | " "ノl ノメ、  |ノjム ヘ. N
  ! r,コ| (ヒ_]     ヒ_ン レハリ
  | 13|'"    ,___,  "'i レ'
   j`ァヘ ∪ ヽ _ン  人
   ∨.>,、 _____, ,.イ
_人人人人人人人人人人人_
>ゆっくり、しげっていってね!<
 ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄




うぇるかむ☆カウンター



カウンターのコツはな
タイミングと勇気(ハート)だぜ!
   ∧_∧     ∧_∧
  ( ・ω・)=つ≡つ);:)ω・).,,';
  (っ ≡つ=つ ⊂  ⊂)
  /   ) ババババ (   \
  ( / ̄∪      ∪ ̄\_)

最新記事




カテゴリ




カレンダー




月別アーカイブ




リンク




さあ…貼った貼った…!


ざわ…ざわ…


戦争勃発数秒前。


引きこもり主義


(`_ゝ´)「ハイライトふたつ。」
「はい はい^^」
あと、まーるぼろ♪





バニっバニっ!!



その拍手…
くれないかな…と思って…オレに…!


駄絵集




RSSリンクの表示




最新コメント




最新トラックバック




検索フォーム




ブロとも申請フォーム




QRコード

QRコード



INFOMATION
  • RSS

スポンサーサイト 
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) * Page top↑


ビッチビッチシャブシャブらんらんらん♪ 
2013/03/29 /20:09
きょうの○んこ
どうも、獏痴です。
改変前最後の放送となった
めざましテレビにて
耳を疑うような言葉が
聴こえてきました。

ソファでくつろいでいるのが、「ビッチ」です。


ほ…放送事故!
詳しくは、こちらから。

このビッチ、コロコロで
撫でられるのが好きとか
相当なクソビッチ野郎でした。
あ、えぇ、 オ ス です。ビッチなのに。。。
名前に不釣り合いなぐらい
精悍なお顔立ちの(∪^ω^)わんわんお!可愛かったです^^


下ネタと言えば…
こないだ、友人と

テッド」観て来ました。

ぼっち映画館余裕な私は
今回も独りでこっそり
観に行きたかったのですが…

独りよりも友人と一緒に
R15+を観る方が居た堪れない。
大画面で、男女の絡みシーンとか
観るの気まずいだろ。。。恥ずかしいです///
だって私、純真無垢ですから…ごめん打たないで。。。

友人が「自分ゲスやわぁ~」と言うので
「そんなこと無いよ!」と励ましている方が
本物のゲス野郎という 現 実 。
あ、私は「ゲス」と言うより
強いて言うなら… 不 謹 慎 かな☆

独りなら、ナニが無いのに
女をイかすことの出来るテッドは
とんでもないテクニシャンだな!
自分は感じていないのに
感じている女を見て
興奮しているのか?上級変態獣だな。
と、悶々と考えながら観れるのに。。。
倫理的にアウツでも
声に出さなければ大丈夫?
否、万が一サトラレたら厄介です。
その前に、無意識に考えを
口にしているかもしれません。恐ろしい。。。

友人に脅威、自分に恐怖を感じながらも
やっぱり映画館と言えば
ポップコーンですよねw
何故、映画館へ行き、映画を観るのか
それは、ポップコーンを食べる口実です。
それなのに、友人たちはオシャンティーな
フードばかり頼みやがって…解せない。

続きで、ネタバレ含み感想。
映画を観た人しか分からないかも…
主人公の彼女さんの持ち物だろう
VWの赤い車がカッコ良かったです。(作文。

字幕だと疲れるので
お子ちゃまな私は
吹き替えで観賞。

若年期テッドの声は釘宮さんでした。
友人の横で「くぎゅううううう…」と
釘宮病を発症していたら友人に叩かれた。。。
毒舌吐いても「くぎゅう」なら許される。
しかし、時の流れは残酷なもので…
テディベアの声変わりって
変化が激しいんですね。
ロンハーの人生相談コーナーを
観ている様な錯覚にw

主人公の女性名早口は感服しました。

最後に、キャラ達のその後が
紹介されるのですが
テッドを誘拐した人は
誘拐の罪で起訴され無いにしても
窃盗罪とか器物破損とかで
罪に問えないの?

三木さんの演じているキャラが
またしても残念だった。。。と
エンドロールが流れる前に
友人に愚痴ったところ
「よく声分かったな」と奇妙がられました。
大御所で、なお且つ自分の好きな声優さんなら
大抵分かりますよね。
アクリルガッシュのミキシングホワイトに
反応してしまうぐらい好きな声優さんですから。

大まかな結末がどうなるか
割と早い段階で分かります。
テッドの死因が釈然としません。
引っ張られ千切れるぐらいなら
柱から手を放し落ちれば良いのです。
体内 綿 なんだから。

周りもリア充だし
テッドもリア獣だし
そして皆DQNだし。
共感出来ない面白さがある。
自分に無いモノを
自分に危害無く観るのは楽しい。
リアルでは絶対関わりたくない。
一番共感出来たのは
駄目ンズ好きな
主人公の彼女さんだけど
自業自得だしな。。。

パロディが多いので
映画知識が豊富だと
もっと面白いと思います。
後腐れ無く、スッキリ終わる
良い作品でしたw(`・(ェ)・´)
雑記 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→


トラックバックURL
→http://sonshiiwaku.blog7.fc2.com/tb.php/833-10c51373











xx HOME xx


 Copyright © 孫子曰く、狂気の沙汰ほど… All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。